脱毛サロンに行くなら知っておきたい!キャンセルのシステムとは?

脱毛サロンに行くなら知っておきたい!キャンセルのシステムとは?

脱毛サロンに通うのが初めてという場合にはわからないことも多いでしょう。

たとえば、脱毛サロンに予約したけれども
キャンセルしたい場合にはどうすれば良いのでしょうか。
キャンセル料などはかかるのでしょうか。

こうしたポイントは脱毛サロンのスタッフにも聞きにくいところですが、
脱毛サロンに通う前にはしっかりと把握しておきたいところでしょう。

 

脱毛サロンでキャンセルする場合にはどうなる?

最近では脱毛サロンの予約もネットでできるようになっており便利です。
しかし、脱毛サロンに予約を入れた後にキャンセルしたくなることもあるでしょう。
予約日を間違えて入力してしまうなんてこともあります。
こうした予約キャンセルの対応は脱毛サロンによってはかなり異なってきます

 

たとえば、脱毛サロンによっては予約キャンセルをしてもまったく問題ないこともあります。
予約キャンセルをしてもキャンセル料がかからないだけでなく、
ネットから予約キャンセルできるなんてこともあります。
しかし、通常は何らかのペナルティーが生じるのが普通です。
たとえば、予約日前日の18時を過ぎてから予約キャンセルすると脱毛一回分のチケットを消費することになることもあります。
人気店だと予約キャンセルにも厳しくなっており、予約キャンセルは予約日の3日前にしないとキャンセル料が発生することもあるのです。

 

このように対応は脱毛サロンによって様変わりするため通うことになる脱毛サロンのキャンセル事情も確かめておきましょう。
脱毛サロンの公式ホームページを見てもキャンセルについて全く記載がないところもあり、

こうした場合にはスタッフに直接電話をして確かめておかないといけません。

予約キャンセルの基本的な手順

基本的な予約キャンセルの仕方も紹介しましょう。

まず、予約キャンセルをする際には予約を入れた店舗に直接電話を入れるようなシステムになっている脱毛サロンがほとんどです。
ネット予約できる場合にも予約キャンセルの電話は店舗に入れないといけないことが多いのがポイントです。
また、予約キャンセルの電話は予約を入れた店舗に入れないといけません。
脱毛サロンチェーン店だと予約総合受付窓口もありますが、こちらに電話しても予約キャンセルは受け付けてもらえないことがあります。
予約キャンセルの電話は、予約キャンセルの理由や予約日を伝えて予約キャンセルしましょう。
予約キャンセルは店舗の営業時間内にしかできませんし、閉店間際に電話すると電話が集中して繋がりにくいこともあります。
このため、なるべく余裕をもって予約キャンセルしましょう。

当日キャンセルする場合には

当日キャンセルする場合も同じように店舗に直接電話を入れることになります。
この場合、電車遅延などが理由でキャンセルする場合には後日に電車遅延証明書を持っていくことで、
キャンセル料がかからないこともあります。
もしも正当な理由がある場合にはその旨を伝えておくと良いでしょう。

場合によっては時間をずらして施術してもらえることもあります。
そのため、もしも時間通りにお店に行けない場合にもまずは電話して事情を話してみると良いでしょう。
このようにキャンセルも可能ですが、キャンセルしすぎるのも問題です。
あまりにキャンセルし過ぎると店舗のブラックリストに乗ってしまって次回からは予約できなくなるなんてこともあります。
そもそもキャンセルもしっかりと自分のスケジュールを確認して予約を入れておけば防ぐことができます。
キャンセルするのは面倒ですし、ペナルティーが生じることもありますからなるべくキャンセルは避けましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です